ページの本文へ

Hitachi

日立テクニカルコミュニケーションズ

テクニカルライティング教育の実施

ICT(Information and Communication Technology:情報通信技術)向上施策の一環として、愛媛大学大学院 理工学研究科よりテクニカルライティングを学ぶための講座を開講したいとのご要望をいただきました。日立テクニカルコミュニケーションズの「技術文書の書き方講座」のカリキュラムをベースに、大学院での授業要領を反映した新たなカリキュラムを準備し、ICT特別コースの院生に対して講座を実施しました。

講座の詳細
講座名 発展的ICT総合科目Ⅱ〜テクニカルライティング〜
開講場所 愛媛大学大学院 理工学研究科(愛媛県松山市)
開講日
  • 2011年11月25日(金) 2限実施
  • 2011年11月26日(土) 3限実施
  • 2011年11月27日(日) 3限実施
受講者数 6名

受講者の声

  • 一つ一つのポイントが丁寧に解説されたため、よく理解できました。
  • 講義で学んだことをミニテストや演習問題ですぐに復習/実践できたため、理解が深まりました。
  • テキストはわかりやすくまとめられているので、今後、文書を作成する際に読み返そうと思います。

担当講師の感想

通常、1日コースで実施するカリキュラムを3日間に再構成しました。テクニカルライティングの知識をより深く学んでいただけるよう、次の点を工夫しました。

  • ライティングの要点を表す用語に関するミニテストを用意して、テキストの各章の区切りで、指名して答えていただきました。
  • 1文単位の演習を充実させて、多くの問題に繰り返し取り組んでいただきました。

その成果もあり、ある程度の量をライティングする仕上げ演習では、学んだ内容を果敢に文書に盛り込もうとする真摯な姿が見られました。

これからも日立テクニカルコミュニケーションズは、テクニカルライティング技術を中心とした企業や大学での教育支援を通じて、社会人として役立つ必要スキルやICTの普及に貢献していきます。