ページの本文へ

Hitachi

日立テクニカルコミュニケーションズ

(社)情報処理学会の会誌「情報処理」49巻の表紙デザインが公募され、当社が制作したデザインが採用されました。
「情報処理」は、最新のIT技術の動向を会員に幅広く知らせることを目的とし、商業誌では得られないさまざまな情報を紹介している雑誌です。採用されたデザインは、49巻として発行される2008年1月から12月までの12か月間、表紙として使用されます。

表紙の画像
「情報処理」49巻
((社)情報処理学会より許諾を受けて転載)

デザインコンセプト

絶え間なく流れ、無数に広がっていく情報の中から、価値ある情報や優れた技術が収集されていく様子を表現。あふれる情報の中から、厳選した情報を紹介していることを表しています。