ページの本文へ

Hitachi

日立テクニカルコミュニケーションズ

お客様がお持ちの英文・中文をネイティブエディタが品質評価します

「翻訳の品質に不安を感じているが、品質をチェックできる人がいない」ということはありませんか?日立テクニカルコミュニケーションズが、お客様がお持ちの英文・中文の品質を、客観的に評価します。

お客様の「困った!」を解決します

自分で英文に翻訳した。品質は大丈夫だろうか…
中文の文書を発表しなければならないが、品質をチェックできる人がいない…

日立テクニカルコミュニケーションズのネイティブエディタが、翻訳品質を客観的に評価します。
お客様がお持ちの英文・中文について、文法誤りはないか、不自然ではないかなどを、IT知識のある英語・中国語のネイティブエディタが客観的に評価します。

マニュアルを何度も改訂したので、翻訳の品質が心配だ

改訂を重ねたときに問題になりやすい用語や表現の不整合をチェックします。
用語や表現の不整合がないかをはじめ、誤訳がないか、文法誤りはないかなど、マニュアルとして求められる品質についてもあわせてネイティブエディタが評価します。「こんな観点で評価してほしい」というご要望にも柔軟に対応します。

ここがPoint!

「英文・中文評価」では、当社書籍「技術翻訳のチェックポイント」で紹介している「TES(=Translation Evaluation System)」のメソッドを利用して、次の観点で品質評価します。

  • センテンス構造の妥当性
  • 使用用語の妥当性
  • 誤訳の有無
  • スペルミスの有無
  • テクニカルライティングの観点での妥当性

サービスの詳細

こんなときに

例えば、次のようなドキュメントの品質を確認したいときにご利用ください。

  • 海外向けに発表・公表する資料
  • 海外で販売する製品のドキュメント など

対応分野

  • IT関連
  • 医療機器関連

上記以外の分野についてはご相談ください。

評価方法

英文なら最低200行、中文なら最低4,000文字のサンプルチェックを実施し、評価結果を項目ごとにスコア(点数)で示します。このスコアによって最終的にA〜Dの4ランクで評価します。評価結果は、「評価フォーム」に記述してお客様に納品します。

関連サービス

「英文・中文評価による改善ポイントに基づき、適切な表現にリライトしてほしい」というお客様には!

お問い合わせ窓口のご案内 サービスについてのご質問、ご相談などはこちらから