ページの本文へ

Hitachi

日立テクニカルコミュニケーションズ

日々のビジネス文書の作成に課題を感じている。
そんな方々におススメの即効性のあるライティング教育をご案内します。

当社は、テクニカルライティング講座(講師派遣)を2008年にスタート。 開講実績は日立グループを中心に21社/団体、受講者数は3,500名を超えます。
「社内で受講者の人数をそろえるのが難しい」「年次教育として導入する前に、少人数で試しに受講してみたい」の声にお応えし、このたびオープン講座を企画いたしました。 初回特別キャンペーンとして、教育や人財育成に携わる方を無料の体験セミナーにご招待いたします。 この機会に、当社のライティング教育をぜひご体験いただき、御社での導入をご検討いただけますと幸甚です。

今日から実践!ビジネスを円滑に進めるわかりやすい文章の書き方 体験セミナー

日時2019年3月26日(火)10:30〜17:30
会場横浜新都市ビル(そごう横浜店)9階市民フロア ミーティングルームC
対象者教育をアサインする立場のマネージャー、教務部門の方(日立グループ限定)
定員15名
受講料無料(初回特別キャンペーン)

講座の特長

ビジネスに必要な“伝わる”文章の書き方を基礎から学ぶ

ビジネスでは、メール、議事録、報告書、提案書など、人に伝えるためにさまざまな文書を作成します。

  • 情報をどう整理して書けばよいのかわからない
  • 書いた文章に対して「わかりにくい」と言われる
  • 部下の文章力を向上させたいが、どう指導すればよいのかわからない

そんな方を対象に、“伝わる”文章とはなにか、文書作成の流れやポイントをお伝えします。

受講者の声〜テクニカルライティング講座(講師派遣)

今日から使える内容だったのでさっそく実践します。今後、文書を作成する際にはテキストを見返そうと思います。(20代・一般社員)

講座で習ったとおりに、部下の書いた文章には理由を添えて指摘をするようにしたところ、一度の指摘で期待したとおりの修正がしてもらえるようになりました。(40代・管理職)

プログラム

10:30プレ演習
例文を読み、改善ポイントを洗い出す。
10:45解説・小演習
  • “伝わる”文章とは
  • 準備をする
12:00お昼休憩(60分)
13:00解説・小演習
  • 文書を作成する
  • 推敲する
15:00プレ演習の自己採点
  • チェックリストを用いて、プレ演習を自己採点する。
  • ここでのチェック観点にもとづいて、部下を指導する方法を学ぶ。
15:15仕上げ演習
  • グループで1つの文書を作成する。
  • 工夫した点をグループごとに発表し、講師がフィードバックする。
17:15質疑応答、アンケート記入
17:30終了
*
適宜 休憩を挟みながら進めます。
*
上記の時間はあくまで目安です。進行によっては、前後する場合があります。

アクセス

横浜市西区高島2丁目18番1号 横浜新都市ビル(そごう横浜店) 9階

地図:横浜市西区高島2丁目18番1号 横浜新都市ビル(そごう横浜店) 9階

横浜駅東口から徒歩約5分。
(JR・京急線・東急東横線・相模鉄道・市営地下鉄ブルーライン・みなとみらい線)
「横浜ポルタ(地下街)」をぬけて、そごう横浜店 9階です。

お申込みフォームへ

*
2019年3月15日(金)までにお申し込みください。
*
定員(15名)に達し次第、受付を締め切らせていただきます。