Hitachi

ペルソナ設定のイメージ写真

ペルソナ(Persona)とは、元来は仮面や登場人物といった意味があります。
HCD手法では、ある製品を開発/改善する際に、既存製品や類似製品を使用しているユーザーを観察・分析して作成する「典型的な人物像」を指します。
製品企画がぼんやり出来上がってきたような段階で実施すると効果的です。
顔写真や家族構成、趣味といった日常生活の情報、業務に対する価値観、環境や周辺の人物関係、具体的なエピソードなどを盛り込み、よりリアルなユーザー像をペルソナシートとして紙や電子データで作成します。そのペルソナシートを製品開発関係者全員に配布して、常に認識・意識することで開発関係者間や部門間でターゲットユーザー像がブレないようにするのが目的です。
ペルソナの作成に当たっては、エスノグラフィー調査や市場動向調査、業界関係者へのインタビュー/アンケートなど様々な情報を用います。

サービスについてのお問い合わせ