ページの本文へ

Hitachi

日立テクニカルコミュニケーションズ

1980年代前半、情報システムの高度化・複雑化に伴い、分かりやすいマニュアルの必要性が高まっていました。それを受け、株式会社日立製作所ソフトウェア工場(当時)内にマニュアルグループが新設されました。
一方、日立電子サービス株式会社(当時)では、お客様に最も近いところで日々コンピューターの保守業務を担当しているという利点を生かし、お客様の声をマニュアルに反映させることを狙って1987年にマニュアル開発グループを発足させました。これが母体となり、日立テクニカルコミュニケーションズが設立されました。

沿革
1989年
  • 日立製作所、日立電子サービス出資のもと、マニュアル制作専門会社として(株)日立テクニカルコミュニケーションズ(日立TC) を川崎市に設立
  • 各種社外団体に加盟
    • 日本テクニカルコミュニケーション協会(JATEC)
    • Society for Technical Communication(STC)東京支部
    • 日本工業英語協会(JSTC)
1990年 第1回全日立マニュアルシンポジウム、第2回テクニカルコミュニケーションシンポジウムに参加 業務事例を発表
1991年 STC年次総会に参加
1992年
  • ビデオ教材制作開始
  • STC年次総会に参加 業務事例を発表
1993年
  • 本社を新川崎から東戸塚(横浜市)へ移転
  • 日英/英日翻訳業務開始
1995年 オンラインヘルプ制作開始
1997年
  • Webコンテンツ制作開始
  • 当社活動の貢献が認められ、STC東京支部から感謝状授与
1998年
  • マニュアル制作コンサルテーション開始
  • STC年次総会に参加
  • 当社社員がSTC東京支部理事長に就任
1999年 STC年次総会に参加
2000年
  • マルチメディア教材制作開始
  • TCシンポジウム2000に参加 業務事例を発表
2001年
  • STC年次総会に参加 業務事例を発表
  • FPプラネットアニュアルコンベンションに参加 業務事例を発表
    (FP:ファイナンシャルプランナー)
  • TCシンポジウム2001に参加 業務事例を発表
2002年
  • STC年次総会に参加 業務事例を発表
  • 日本マニュアルコンテスト2002にて部門優良賞受賞(電子第1部門)
  • TCシンポジウム2002に参加 業務事例を発表
2003年
  • 日中翻訳業務開始
  • スピード翻訳(日英、日中)業務開始
  • 日立ITユーザ会 シンボルマーク募集で優秀賞受賞
  • 日本マニュアルコンテスト2003にて部門優良賞受賞(業務/産業用機器部門、電子マニュアル部門)
2004年
  • スピード翻訳(英日)業務開始
  • 日立ソフトウェアエンジニアリング(株)と日立ビジネスソリューション(株)からマニュアル制作業務移管
  • 日本マニュアルコンテスト2004にて部門優良賞受賞(電子マニュアル部門)
2005年
  • 初の書籍出版
    • 「文書作成力」(明日香出版社より)
    • 「技術翻訳のチェックポイント」(丸善株式会社より)
  • TCシンポジウム2005に参加 業務事例を発表
2006年
  • スピード翻訳(中日)業務開始
  • ISO14001を取得
  • TCシンポジウム2006に参加 業務事例を発表
2007年
  • スピード翻訳(英中)業務開始
  • 第61回 デジタルドキュメント研究発表会に参加 事例を発表
  • 日本マニュアルコンテスト2007にて部門優秀賞受賞(操作マニュアル 業務/産業用機器部門)
  • TCシンポジウム2007に参加 業務事例を発表
2008年
  • 日本マニュアルコンテスト2008にて部門優秀賞(操作マニュアル第2部門)、部門優良賞(電子マニュアル部門)受賞
  • TCシンポジウム2008に参加 業務事例を発表
  • 技術文書の書き方講座サービス開始
2009年
  • TCシンポジウム2009に参加 業務事例を発表
2010年
  • ドキュメントの校正・校閲サービス開始
  • 日本マニュアルコンテスト2010にて部門優良賞受賞(操作マニュアル第2部門)
  • TCシンポジウム2010に参加 業務事例を発表
2011年
  • マニュアル改善コンサルティング開始
  • 10月1日付で日立製作所が株式100%を保有する直属の子会社となる
2014年 本社を東戸塚から戸塚へ移転